浮気の証拠を突き付けられた夫は…

miki-3
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

夫との直接対決

私は我慢の限界を感じ、いよいよ夫に浮気を問い詰めることにしました。

「今日一時帰宅しました。話したいことがあるので実家で待っています」

私はこう打って夫にメールを送りました。

夫はそのメールの文章だけで、私が何を言いたいのか察したようでした。顔を合わせると開口一番、必死に謝ってきたのです。

「本当に申し訳ない」
「相手とはすぐに別れる」
「オレが全部悪い」
「許して欲しい」

感情的に夫を問い詰めてしまいそうになる気持ちを抑えながら、私は冷静を装いました。そして淡々と、これまで私が集めて来たレシートやナビの履歴の写真、探偵事務所に依頼して撮影してもらった写真などの証拠の数々を夫の目の前に出して突きつけました。同時に出産前から浮気を知っていたことをすべて夫に伝えたのです。

並べられた数々の証拠を見て、夫はもうこれ以上言い逃れすることはできないと観念した様子でした。特に浮気相手と写真を撮られていたことにはショックを受けていました。

浮気相手は探偵事務所の報告通り、同じ会社の女性でした。私の妊娠が発覚する前のタイミングでの異動で同じ営業チームになったことが、きっかけだったと夫は言いました。そして「ダメだと思いながら関係を持ってしまった」と夫はわびて、ひたすら私に許しを乞いました。

「もう一度だけチャンスが欲しい」
「キミと子どもたちを愛している」

そんな夫の様子を目の前にしても、私は一向に許す気持ちにはなれませんでした。そして「離婚を考えている」と冷静な口調で夫に伝えました。そして、この日はお互いの両親にもこの状況を伝えて、一度集まって話し合う機会を設けるということで終わりました。

関係修復したい夫と離婚したい私

数日後、私と夫の両親を交えた6人で話し合いが行われました。しかし、別れたくない夫と、離婚しか考えられない私との間にある溝は埋まらず、結局、結論は出ませんでした。

話し合い中、夫の両親は私にひたすら謝り続けました。彼らは離婚については長女も生まれたばかりということで、できれば避けて欲しいというような姿勢でした。

「子どもたちのために今は離婚を回避したほうがよいのでは」という考えは私の両親も同じでした。

そこで、私と子どもたちはしばらく実家で過ごし、今後のことをゆっくり話し合っていくようにすすめられました。この話し合いの結果、当面の間、私は夫とは別居し距離を置くことになりました。そして私と息子、生まれたばかりの娘の親子3人は実家に身を寄せることになったのです。

自暴自棄になった私は取引先の男性と

夫との話し合いの後、すっかりエネルギーを使い果たしてしまった私は、ぼんやりと過ごす日が増えていました。

そんなある日、仕事を通じて親しくしていた取引先の営業のみなさんが出産祝いを持って遊びにきてくれました。

その内の男性の1人は実家の近所に住んでいて、同い年ということもあり、産休に入る前からもいろいろ相談に乗ってくれるような関係でした。今回、お祝いを持って来てくれたことをきっかけに、育児の息抜きになればと誘われるままに、時々会うようになりました。そして、夫との今後も見えず、自暴自棄になっていた私は、ある日一度だけ、その男性と一線を越えてしまったのです。

「私は一体何をやっているんだろう…」

自責の念にかられましたが、一線を越えてしまったのはその一度だけで、その後も以前と変わらずによき相談相手として、男性とは付き合いを続けていました。

煮え切らない夫との関係に悩んでいた私に対して、その男性は「離婚調停を起こし、夫と浮気相手に対して慰謝料を請求してはどうか」とアドバイスをしてくれました。そこで、私は本格的に離婚に向けて動き出すことを決めたのです・・・。