興信所に調査を依頼するといくらぐらいかかる?

興信所いくら?
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

どうも夫が不倫をしているとしか思えない。でも確実な証拠などはないし、問い詰めてもシラを切るに決まっている。どうにかして動かぬ証拠を手に入れたい。そういうときに役立つのが興信所の探偵です。しかし、多くの人の場合これまで興信所などを利用したこともないでしょう。また、いったい、いくらぐらいの予算を用意すればよいのか見当もつかないということもあるでしょう。実は不倫調査の費用は興信所によってまちまちではっきりとした「相場」のようなものは存在しません。そこで、およその費用の心づもりをするために役立ちそうな資料を提示しましょう。

基本は1時間あたりいくら

興信所の料金体系は会社によって異なりますが、「1時間あたり○○円」という目安を掲げているところが多いようです。例えば、基本料金を1時間あたり6,000円〜1万円に設定しているところが多いようです。ただし、1時間あたりの料金が安いほうが良心的なのかというといちがいにそうはいえません。

例えば、2人一組で調査にあたる興信所もあれば、4〜5人というチーム編成で調査にあたる興信所もあります。ラブホテルなどの張り込みであれば2人一組で十分かもしれませんが、もし浮気の現場が女性の自宅などだった場合、民家の前で長時間にわたって同一人物が張り込みを続けるのには限界があります。また玄関のほかに裏口も見張る必要があるなどの場合はそこにも探偵を配置しなくてはなりません。

つまり調査の難易度によって必要となる探偵の人数も違ってくるわけですが、これは調査を始めてみなくてはわからない点も多く、このため興信所の料金はなかなかWebサイトなどに明解に費用を記載されていない場合が多いのです。

基本料金として「1時間あたりいくら」という料金体系を掲げている興信所の場合、「探偵1人につき」で料金を定めている場合があります。こうした場合、調査費用がこちらの思惑の2〜3倍に膨らんでしまうという可能性もありますから、「1時間あたりいくらという料金は、探偵1人につきなのか、それともトータルの料金なのか」をしっかり確認しておきましょう。

日額いくら、パック料金いくらというコースも

興信所によっては、こうした1時間あたりの料金ではなく、日額料金制(調査日数×日額で、およその料金がわかる)やパック料金制(1週間、10日間など調査日数をあらかじめ定め、その調査期間内にわかったことを依頼主に報告する制度)を採用しているところもあります。

これは「わかりにくい興信所の調査料金をなんとか一般の人にもわかりやすくしよう」という試みですが、調査日数が限られている場合、その期間内にターゲット(夫)が浮気相手と接触しなければ調査のしようがなく、せっかくの興信所の努力も水の泡になる可能性も考慮する必要があるでしょう。

調査実費は別途請求

例えば、尾行中にターゲットが交通機関を利用したような場合、尾行している探偵もその交通機関を利用しなくては尾行ができません。そうした費用は調査料金とは別に、実費で別途請求されるのが一般的です。

どこまでが調査料金に含まれ、どのような場合に別途請求が発生するのかは興信所によって違いがあります。最初に依頼を打診する際、そうした費用面についての疑問はできる限り解決しておきましょう。良心的な興信所であればわかりやすくていねいに説明してくれるはずです。

怪しげな興信所に限って、そうした説明を省きたがり、後になってさまざまな名目の料金を請求書に盛り込んでくる傾向があります。納得できない料金を支払わないようにするためにも、依頼の時点で不明な点についてはしっかりと確認しておきましょう。

相見積もりをとってみる手も

同じ条件を複数の会社に提示し、もっとも安い見積書を提出した会社に業務を委託することを「相見積もり(あいみつもり)をとる」といいます。

簡易版の入札のようなものですが、「夫に対してこのような点を調査して欲しい。もし不倫をしていた場合は、裁判所でも通用するような確たる証拠をつかんで欲しい」といった条件を詳細に定め、こちらから提示できる情報(夫の1週間の行動パターン、よく立ち寄る飲食店やショップ、怪しいとにらんでいる交際相手らしき女性)を添えて、複数の興信所から相見積もりをとってみましょう。

単に金額だけを比較するのではなく、「どのような調査方法で調べてくれるのか」「何人の探偵で調査にあたってくれるのか」「証拠はどのような形で提示してくれるのか」といった内容についてもよく吟味しておきたいところです。

相見積もりをとる場合、パック料金などを設定している興信所は別ですが、あらかじめ調査期間を10日間、2週間などと制限しておかなくては公平な条件での見積もりがとれないことは理解しておく必要があります。

しかし、離婚訴訟などを前提とした浮気調査の場合、法廷で通用する決定的な証拠(不倫相手と手をつないでラブホテルに出入りする現場の証拠写真など)をおさえる必要があり、そうした証拠が期限内におさえられるかどうかはわかりません。このため、場合によっては調査期間を延長したり、あらためて別の調査を追加依頼したりという可能性なども考慮しておいたほうがよいでしょう。

この記事を書いた人:カオリ