夫の不倫を見破る3つの「怪しいポイント」

だんなの浮気
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

人がする行動や言動、特に怪しい行動や言動にはそれなりの理由があるものです。しかし、「何か様子がおかしい」と思っていても、証拠がなければなかなか問いただすこともできません。一方で、夫が心変わりをしているのか、さらには実際に浮気という裏切り行為を行っているのかどうかは確かめることができる「怪しいポイント」があります。ここでは、そのポイントを紹介します。参考にして確固たる証拠を見つけ出してください。

怪しいポイントはここをチェック!

【怪しいポイント1 携帯、スマートフォン、パソコン】

  • 携帯・スマートフォン・パソコンにロックがかけられている
  • 携帯・スマートフォン・パソコンの画面を見せたがらない
  • 携帯・スマートフォン・パソコンのメールが残らず削除されている
  • 携帯・スマートフォンの着信、発信履歴がきれいに削除されている
  • 絵文字がたくさん使われている
  • 妻の前でメールの返信をしない
  • 妻がいるその場でメールを見ようともせず部屋を出て行く
  • 着信があってもバレないように寝る時は携帯を隠す

【怪しいポイント2 車】

  • 頻繁に洗車をするようになった
  • ガソリン代が増えている
  • 助手席のシート位置が自分も乗る時と違う
  • 車で外出することが増えた
  • 見覚えのないCDや小物がある

【怪しいポイント3 行動・言動】

  • 急に優しくなった
  • 誕生日やお祝いでもないのにプレゼントをくれる
  • 「休日出勤だ」といって休みの日に出かけるようになった

これ以外にも「帰宅したらすぐにシャワーを浴びる」というポイントがあります。これは浮気相手の匂いを消すためのもので、とてもわかりやすい行動です。

さらに「夫婦生活の変化(回数がわざとらしく増える・今までと違うことをする)」というポイントもあります。浮気や不倫をしていると夜の営みの回数が減るということがありますが、それを隠すためにあえてセックスを行うようにする人もいるようです。また、これまではしなかったようなことをしたり要求する人もいます。これも要注意の行動といえます。

深層心理で浮気を見破る!

人間はとても正直な生き物です。ちょっとした感情の変化は無意識的に態度に出てしまいます。

「目は口ほどにものをいう」ということわざを耳にしたことがあると思いますが、夫の浮気を見破る方法の1つに目の動きがあります。心理学者によると「左目線は記憶を探っている」「右目線は想像力を働かせている」といわれていて、もし過去のことを問いただされている際に右目線であれば、それはほとんどウソを作り出しているといえます。

もし目の動きから、これはたぶん浮気じゃないか、と思うようであれば、次は「サイレントフォーカス」という心理手法を使います。これは相手の目を3秒以上見つめ、相手にプレッシャーを与えるというものです。この時に行うのがいわゆる「かまをかける」という動作です。

例えば「知り合いがあなたを見たって言ってたんだけど」「何か私に隠していることはない?」「私、知っているんだけどなあ〜」といった言葉です。

これを聞いた時に夫はどんな表情をするか、目の動きはどうかなどをチェックします。こうしたプレッシャーを与えて、もし相手が動揺するようであればほぼ「黒」といっていいでしょう。

不倫・浮気によい結末はない

浮気や不倫に関して、法律に照らし合わせてみると下記のものが当てはまります。

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」(民法第709条)

「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。」(民法第710条)

民法第710条の条文内にある「財産以外の損害」というのは、精神的なものや肉体的なものも含まれます。これにより、浮気や不倫は不法行為にあたるため、慰謝料などの形で損害賠償請求ができます。

夫が浮気をしていることはほぼ確実だけど、問い詰めても浮気や不倫の事実を認めずに言い訳ばかりする。その話題には触れないように話をそらす。さらには逆ギレされる。

このような状況が続けば続くほどお互いの信頼関係は崩れるばかりではなく、自分自身が精神的に不安定になったりさらには病気を発症してしまうケースも少なくはありません。浮気の事実を認めさせるためにはなによりもゆるぎない証拠、それによって相手が認めざるを得ないほどの決定的な証拠が必要です。

浮気調査を行うある探偵会社によると、浮気の相談に訪れる人は男女ともに半々で、女性からの依頼で調査を行うと、9割以上の高い確率で男性の浮気が発覚するそうです。自分の夫が浮気をしている気がするけれど、どうしても確信がつかめない…。そんな時は思い切って探偵に調査を依頼するという選択肢もあります。

個人ではどうにもならないこともプロに頼むことによって大事になる前に事態の収拾をはかることができます。また、第三者が入ることで夫婦関係の修復も容易になる場合もあります。さらに問題が大きな場合は法的手続きの進め方などの相談にも相談にのってもらえます。しかし、いずれにしても不倫・浮気によい結末は待っていないのは事実です。

この記事を書いた人:カオリ