繰り返させない不倫再発防止のテクニック

浮気させない
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

旦那さんが不倫をしていた、あるいは浮気現場を目撃してしまった。どちらの場合でも、とても悲しく辛い気持ちになると思います。自分にとっての大切な人の裏切り行為に対して、まずその浮気が遊びなのか、それとも本気なのかをしっかり確認しなくてはなりません。

また、浮気が発覚してしまった以上、許すという気持ちがあれば、恋愛や夫婦関係をそこからまた続けることができます。しかし、話し合いの末、やり直そうということになったとしても、夫がまた不倫をするのではないかと不安に感じてしまうこともあるでしょう。

そうなるとなかなか以前のような生活はできなくなってしまいます。重要なのは「次はない」と自覚させることです。そうすることで再発の不安は多少なりとも解消できると思います。ここでは不倫や浮気の再発防止について役立つテクニックを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

アムス

やめられない人はもはや中毒

以前、有名なプロゴルファーの浮気が大きく報道されたことがありましたが、たばこやお酒のように「浮気癖」もある意味中毒になってしまっている人が多くいます。浮気する人の性格にもよりますが、事実を責め立てて反省を促してものど元過ぎればなんとやらで、また同じことを繰り返す人はいます。

はっきり言うと、男女の関係なく不倫や浮気がやめられない人はやめられないのです。そこまで重症でなければよいのですが、不倫や浮気を繰り返しているうちに予想外のトラブルに発展することもあります。不倫相手の配偶者から訴えられたり、慰謝料を請求されたり、中には興奮した相手に襲われるといった、にん傷沙汰にまで進んでしまうケースも少なくありません。そうした最悪の結果を招く前に、本人はもちろん、伴侶であるあなたも意識して、再発防止を徹底するようにしましょう。

再発防止に効果的な3ポイント

不倫や浮気の再発防止対策として効果的なのが下記の3つです。このポイントを踏まえておくことで高い確率で再発を防止できます。

  1. いつまでも夫(妻)を責めない
    自分に負い目があるため、何かにつけて浮気のことを持ち出されると夫(妻)は気分がよくないものです。場合によっては逆ギレをして、その反動で再び同じ行動に走ってしまう場合もありますので要注意です。
  2. 浮気相手のことを知っておく
    浮気相手と直接会って、二度と会わないようにするための話し合いをします。浮気相手の連絡先を把握しておくのと同時に、こちらの現状をちゃんと伝えておくのもよいでしょう。また、再び同じ過ちを犯したらその時の対処を明記した書面を相手に渡しておくのも効果的です。この場合、2人で会うのではなく、親類や友人などに頼んで、しっかりと立ち会ってもらうのがよいでしょう。
  3. 誓約書を作成し「再び浮気した時」の罰則規定を盛り込んでおく
    「同じことを繰り返したら○○○」や「離婚に至った際には慰謝料○○○を支払う」といった誓約書を作成して書面にサインをしたら双方で保管し、再び浮気が発覚したら誓約書の内容を確実に実行できる環境を作っておきましょう。

恥ずかしい、面倒くさいと思わせることがベスト

再発防止の方法として、当事者同士だけの話し合いよりも効果的なのはやはり第三者を入れて話し合う方がよいでしょう。客観的な立場の人が間に入っているだけで話がスムーズに進行することにもなりますし、意識を共有することができます。

だからといってその第三者を親戚や友人に頼むというのは後ろめたいと感じる人もいるでしょう。そんな時は民事時間を数多く手がけている弁護士や、不倫調査や浮気調査を行っている探偵会社などに相談してみるのも1つの方法です。不倫や浮気をした当事者に「同じことをするとまた話し合いをしなくてはならない。恥ずかしい、面倒くさい」と思わせることができれば、それが再発防止策になります。

許す気持ちと絆を深める気持ち

いずれにしても大事なのは信頼関係の再構築、これ以外にありません。

この時に気をつけなければならないことは絶対に感情的にならないことです。感情的に話をしても相手になかなか通じません。感情をむき出しにして、怒りを持って対応するとケンカになり、結局のところ修復が困難で別れるしか方法がなくなってしまったりもします。いつまでも根に持って嫌味を言い続けることで浮気した相手も嫌気がさして恋愛感情が冷めてしまうことにもなります。

許すことを決めたのであれば、過去を引きずらずに結婚生活をこれまで以上に楽しむようにしなくてはなりません。さらに、不倫や浮気をされたということは、自分自身にも落ち度があると考えるようにして、それを改善する必要があります。相手を許して、関係をやり直したいと思っているのであれば、愛情を持った対応を心がけることが大切です。そして2人の絆をいっそう深めることへとつなげましょう。

この記事を書いた人:カオリ