浮気かな?と思ったらまずはスマホから

浮気かな?と思ったらまずはスマホから
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

今や使っていない人を探すほうが難しいほどに普及しているスマホ(スマートフォン)。そして浮気・不倫をしている人の多くは、そのスマホのアプリを駆使して浮気・不倫相手と連絡を取り合っているといわれています。
そこで夫の浮気・不倫を疑っているのであれば、なんとか隙をついて夫のスマホをのぞき見てみましょう。スマホは個人情報の宝庫です。もし本当に浮気・不倫をしているのであれば、証拠の一端がつかめるかもしれません。

浮気・不倫を疑ったらまずはLINEをチェック

浮気・不倫相手と連絡をとるために使っているのはなんでしょうか。かつては電話、あるいはメールでしたが、今はLINEが主流となっています。気軽に連絡がとれるLINEは、浮気・不倫相手との連絡ツールにはピッタリだからです。しかし用心深い人ならば、LINEにパスコードを設定して他の人がアプリを開けないようにしていることもあります。パスコードをかけていること自体が怪しいといえます。しかしメッセージの内容が見えない以上、浮気・不倫の証拠とはなりません。
またLINEを見ることはできたけれども、浮気・不倫の証拠は一切見つからないということもあり得ます。そのような場合、カカオトークやSkypeのチャット機能など、あえてLINE以外のアプリを使って連絡を取り合っているのかもしれません。LINEで浮気・不倫の証拠が見つからなかったら、他にチャットができるアプリも探してみてください。

スマホの予測変換で浮気・不倫を見つける

夫のLINEやチャットアプリを見ることができなくても諦めないでください。次はスマホの予測変換機能をチェックするのです。スマホで文字を入力するときに、よく使う言葉はフレーズとして上位に表示されますから、たとえば「あ」と入力して、「会いたいよ」とか「愛してる」といった言葉が上位に表示されるようなら、なんとなく怪しいのではないでしょうか。
そのほかにも、「き」と入力して「昨日は楽しかった」とか、「つ」と入力して「次はいつ会おうか」とか、あるいは「ま」と入力して「また会いたい」など、甘いささやきの言葉が出てきたら怪しさ倍増です。
もし時間があれば、50音すべてを試してみてください。浮気・不倫相手の名前や、頻繁に使っているホテルやレストランなどの名前も見つかるかもしれません。
もしあなたの夫が用心深い人だった場合、メールの中身やLINEのトーク履歴などは、こまめに削除している可能性があります。しかし予測変換機能についてまで、あえて浮気・不倫がわからないようにしている可能性は少ないといえるでしょう。

裏ワザ的なやりとりの方法もある

そのほか、意外と盲点となる浮気・不倫相手とのやりとりの方法にGmailがあります。もちろん、普通にGmailを使ってメールを送受信し、やりとりをするというわけではありません。それでは誤送信や他人に盗み見られる可能性もありますから。
そうではなく、浮気・不倫相手と共通のGmailアカウントを設定しておき、送りたいメッセージがあればメールを送信するのではなく、「下書き」として保存したままにするのです。
アメリカのCIA長官が不倫相手とのやりとりで使用したことで一躍メジャーになった方法ですが、日本ではそんなに大きく報道はされていないため、知らない人も多いと思います。そこで、夫の浮気・不倫を疑いながらも証拠がなかなか見つからないときには、Gmailの下書きもチェックしてみてください。

決定的な物的証拠をつかむためには探偵社に依頼を

スマホの予測変換機能で、浮気・不倫のチェックをするのは簡単で良い方法だとは思いますが、決定的な証拠とはいえません。もし仮に離婚裁判を起こしたとしても、この予測変換機能の結果が物的証拠として採用されることはまずありません。
しかし予測変換機能の結果が、浮気・不倫への疑いを強めることは間違いありません。そこで、その結果をもとに決定的な物的証拠をつかむために、探偵社へと相談してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人:ミホ