調査費用を低額に抑える裏ワザ!

調査費用を低額に抑える裏ワザ!
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

浮気調査を依頼しようと思ったときに、気になるのが調査費用です。調査費用は高額になるといわれていますが、実はちょっとした工夫をするだけで調査費用を大幅に減らすことができるのです。「浮気調査を依頼したいけれどお高いんでしょ?」「もうちょっと安かったら利用したいんだけど…」「見積もりを出してもらったけれど手が届かない」という人のために、調査費用を低額に抑える裏ワザをお教えしたいと思います。

浮気調査の相場は?

節約テクニックをご紹介する前に、探偵社の料金システムについて解説しましょう。
探偵社の見積もりでは以下の料金を総合したものが提示されます。
(1)調査料金
浮気調査の料金の中で、最も多くを占めている料金のひとつです。主な費用としては、着手金や人件費などが挙げられます。探偵社のイメージとしては、調査のサービスを受けるというよりは、探偵を派遣してもらうと考えると近いかもしれません。探偵1人あたりの相場は7千円前後/1時間。つまり探偵2人を8時間雇った場合、7千円×2人×8時間で、1日当たり11万2千円かかります。これを一週間依頼すると78万4千円です。
(2)経費
交通費、宿泊費、車代などの必要経費です。車を使用する場合、四輪自動車はだいたい1万円前後、二輪は5千円前後となっています。しかし、尾行対象が新幹線や飛行機で移動する場合には探偵も同様に移動することになるので、そのチケット代がそのまま請求されるので費用も大きくなります。
泊まり込みの場合、探偵はビジネスホテルなどを利用するのが一般的です。しかし山奥の温泉旅館のように、周囲にほかの宿泊施設がないような場合には、調査対象から目を離さないために同じ宿に宿泊することもあります。
(3)事務手数料
報告書作成費などの手数料です。内訳としては最も安く、だいたい0~3万円程度となっています。また、他の料金に含まれていることも多いようです。各社間での差もほとんどないため、料金を比較する際にはあまり気にする必要はないと思われます。
(4)成功報酬
調査が成功した際に徴収される料金です。先に支払っておき、失敗した場合には払い戻される「先払い型」と、成功した際に支払う「後払い型」の2種類があります。
失敗した際には一切の料金が不要になる「完全成功報酬型」の探偵社もありますが、その分、成功時の報酬が高めに設定されています。
証拠をつかむためにどれくらいの費用がかかるのかということですが、こればかりはピンキリです。同じ探偵社を利用する場合でも、10万円前後で証拠をつかめる人もいれば、100万円以上かかってしまう人もいます。低額に抑えるためのポイントとは何なのでしょうか?

安くするための裏ワザ!

料金を低額に抑えられている人には、「下調べが出来ている」という共通点があります。
一から調査すれば時間とお金がかかってしまいますが、調べられることを事前に調べておくことで、それらを大幅に節約できるのです。チェックするポイントとしては以下のような点があります。
・移動手段を知る
浮気調査では、移動手段が分かっているだけでも費用を大きく節約できます。
たとえば尾行対象が電車を利用する場合、人混みに紛れて見失ってしまうこともあります。見失ったら調査はそこで終了です。そのため複数の人員を配置するのですが、事前に降りる駅が分かっていれば、尾行の難易度が下がるだけでなく、同時に人件費も節約できます。
また、尾行対象が車を利用すると分かっていれば車両を手配することで追跡が容易になりますし、逆に徒歩でしか移動しないのならば車両代を節約できます。
配偶者を尾行するだけならば合法です。調査費用を浮かせたい場合には、移動手段や経路をチェックして、探偵に伝えましょう。
・場所を知る
不倫相手とどこで会うのかが分からない場合、証拠をつかむまでに多くの時間と人件費が必要になります。しかし、密会の場所が分かっているのならば、その費用をほとんど省くことができます。
浮気相手の住所、勤め先、利用するラブホテルなどが分かっていれば勝利も目前です。あとはタイミングが合えば証拠を得られるでしょう。
・日時を知る
たとえば、密会の日が分からずに一週間まるまる調査をするのと、土曜日に不倫相手と会うことが分かっている場合とでは効率がまったく違います。不倫は回数を重ねるうちに規則性が出てくるものです。特定の曜日や時間帯に不自然な行動が見られる場合、その日に決め打ちして依頼することで、効率的に調査を行うことができます。運がよければ1日で証拠をゲットできるかもしれません。

下調べで節約を!

一から浮気調査を依頼するのと、ある程度の情報をつかんでから依頼するのとでは、証拠をつかむまでの費用が大きく変わってきます。「浮気をしているような気がする」と思った段階で依頼するのも一つの手ですが、費用を抑えたいという人は事前に下調べをしておきましょう。
LINEなどで「○○日の○○時に待ち合わせね」「また来週会おうね」というようなやりとりがあれば、その日のその時間帯に調査を依頼することで、大きな成果を得られるはずです。

この記事を書いた人:ミホ