離婚したくない人こそ浮気調査が必要!

離婚したくない人こそ浮気調査が必要!
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

浮気調査といえば、離婚を有利に進めるための証拠集めと思われがちです。確かにそういった面もあるのですが、探偵社を利用する方の中には、「離婚したくないから浮気調査を依頼する」という人も多いようです。離婚しないための浮気調査とは何なのでしょうか?

ゲス極・川谷の妻は探偵を利用!

芸能界を騒がせたベッキーさんとゲス極・川谷氏の不倫騒動。LINEのやりとりが流出したことがきっかけでしたが、その情報の出どころが長いこと謎となっていました。本人のスマートフォンに接触できるのは近しい人であってもなかなか困難なはず…。パスワードを盗み見ることのできる人となればなおさらです。
しかし、この条件を満たしている人が一人います。川谷氏の妻です。実際、音楽関係者の間では「川谷氏の妻がリークしたらしい」というのが定説となっています。
『週刊文春』のスクープ第二弾では、その問題の妻が登場。事件発覚後も、川谷氏から離婚を迫られていると涙ながらに語っていました。「離婚したくないのになぜリークしたの?」と思われるかもしれませんが、これには理由があったのです。
『女性自身』の調査によると、川谷氏には浮気癖があったようで、彼の妻は真偽を確かめるために探偵を雇ったのだそうです。それは「浮気をやめて欲しい」という思いからで、別れたいからではありませんでした。妻は、浮気相手がベッキーだと分かって戸惑いましたが、これを公にすることで両者はバッシングされ、別れてくれると思ったようです。
しかし、二人の関係はかなり進展していたようで、別れを切り出されたのは妻の方。
インタビューで泣きたくなるのも無理はありません。

もし浮気調査をしていなかったら?

仮に川谷氏の妻が浮気調査をしていなかったらどうでしょうか?
結論からいいますと、探偵に頼んだことは正解です。というのも、探偵に頼まずにいて浮気の証拠がなかったならば、LINEの流出画像でも書かれていたように、近いうちに卒論という名の離婚届を届けられていたはずです。
離婚の原因は「性格の不一致」など、恐らく適当な理由です。基本的に離婚は双方が合意しなければ成立しませんが、離婚裁判によって強制的に離婚することもできます。川谷氏ほど収入のある人ならば、離婚問題に強い弁護士も雇えます。こうなれば離婚は時間の問題となるでしょう。
もちろん、浮気の証拠はないので慰謝料はもらえません。離婚を切り出されるよりも先に、妻が証拠を集めたのは正しい判断だといえます。しかし実際には、売り上げを伸ばした文春以外はみんな損をしました。それでは川谷氏の妻はどうするべきだったのでしょうか。

浮気の証拠は「切り札」にするべき

問題だったのは、いきなり公表してしまった点にあります。妻自らが文春に情報提供をしたのか、それとも文春がそそのかしたのかは分かりませんが、妻には「男性の気持ち」が分かっていなかったようです。ベッキーは引退したため、復讐は成功しました。しかし、川谷氏がベッキーを選ぶことは予想できなかったのでしょう。
プライドが高い男性は、浮気の証拠を提示されることで「じゃあ離婚してやる!」と逆ギレする可能性があります。特に、自己主張の強いバンドマンにとっては屈辱的です。自分の評判をおとしめた妻と、同じ被害に遭った浮気相手とを選ぶとすれば、どちらを選ぶでしょうか。後者を選ぶのも無理はありません。
証拠は武器として使うこともできますが、交渉を有利に進めるためには「切り札」として使った方が良いのです。離婚をしたくないのならば、より慎重に取り扱わなければなりません。

浮気を知ったらとりあえず調査

配偶者の浮気を知ったとき、「離婚を望む人」と「離婚したくない人」とに別れます。
夫と離婚したくない理由はさまざまですが、状況をただ見守るだけというのでは非常に危険です。ベッキーさんと川谷氏のように話がすっかり出来上がってしまっている場合、いきなり離婚届を出される可能性もあります。そのときになって不倫を訴えたところで、証拠も何もありませんから、泣き寝入りするしかありません。離婚になるのは時間の問題です。
そうはならないためにも、万が一の切り札として、探偵社に浮気調査を頼んでおきましょう。
証拠があれば抑止力や保険として働きます。そして川谷氏の妻のようにならないためにも、証拠の取り扱いにはくれぐれも注意してください。

この記事を書いた人:ミホ