浮気調査に失敗は許されない!

浮気調査に失敗は許されない!
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

探偵社に配偶者の浮気調査を依頼したら、探偵の尾行がバレて自分が調査依頼をしたことがわかってしまった。そうしたケースは多くはありませんが、実際の事例としてはあります。しかし本来は、その道のプロなのだから失敗は許されないはずなのです。ここでは、探偵を雇う前に知っておくとよい浮気調査での失敗や、失敗した際の返金に関する話、さらには失敗しないための探偵社選びなども交えてご紹介します。

あってはならないがありがちな浮気調査での失敗。

では、浮気調査の失敗とは具体的にどのようなものをいうのでしょうか。下記が一般的なケースです。
・調査対象者を監視・尾行中に見失ってしまった
・調査対象者に監視・尾行をしていることを気づかれてしまった
・調査対象者は浮気をしていたが証拠がとれなかった
尾行中に調査対象者を見失ってしまった場合は、また後日やり直せばよいのですが、調査対象者に尾行がバレてしまった場合には、今後の証拠集めに大きく影響してくることになるので、許されない重大な失敗だといえます。また証拠がなかなか集められないというのは、調査対象者が異常に警戒心が強く、探偵よりもさらに一枚上手の浮気のプロ(?)だったりすると、手こずることもあるようです。
いずれにしても、調査を行う際の失敗はあってはならないことなのです。

浮気調査に失敗したら返金してくれるの?

探偵社のミスで調査が失敗した場合、かかった費用を返金してくれるのでしょうか。たぶん多くの探偵社は、基本的に料金の返金に応じてくれることはまずないでしょう。ただし、明らかに探偵社の調査員のミスであることが証明されれば、費用の割引などをしてくれるところもあるようです。
調査にかかった費用をもらえないと探偵社も赤字になってしまうので、やはりすべて返金というわけにはいかないというのが実状です。こうしたトラブルを避けるためにも、はじめにどういった場合に成功したといえるのかを具体的に取り決めしておいたり、最終的に費用がいくらかかるのかといったポイントを契約時にしっかりと教えてもらい、お互いの共通認識としておくことなどが大事です。また、契約書にもすべて目を通して、もしそうしたトラブルの際の対処方法などが明記してあるかを確認して、もしなければ追記してもらうようにしましょう。

浮気調査を「完全成功報酬」としている探偵社もあるが・・・

探偵社によっては、完全成功報酬で調査を受けているところもあります。完全成功報酬であれば、仮に
調査対象者を尾行中に見失ってしまったり、あるいは気づかれてしまったり、証拠がつかめなかったといった調査上の失敗をした場合には、費用を支払わなくていいわけです。ただし気をつけなくてはならないのが、詐欺まがいの探偵社もあって「浮気調査をしたけど、浮気の事実はなかったのでこれで調査は完了です」といったように、ロクな調査もせずに調査が成功した旨の報告をしてきて、高額の費用を請求するといった悪質なところもあるので注意が必要です。
ここでいい探偵社を見分けるポイントをご紹介します。ポイントは下記の3つです。
・インターネットのHPに明確な基本料金が記載されていること。
・相談の電話などでも金額の詳細を説明してくれて、その見積もり金額がHPに記載されている金額と同じであること。
・調査費用は調査終了後払いであること。
さらに、きちんとした探偵社は「調査員は○人で、1日の最低調査時間は○時間です。調査費用は1日○時間で○○○円くらいです」といった明確な説明をしてくれますので、こうしたところは信頼の置けるところだといっていいでしょう。

浮気調査で失敗しないために・・・

浮気調査の場合、調査上でミスがあると調査の続行が不可能になることもあります。その原因の所在をめぐって、依頼者と探偵社とでトラブルになることも決してないとはいえません。浮気調査で失敗しないためには、依頼する探偵社を見極める目が必要になります。調査費が安いからといってレベルが低い探偵社を使ってしまうと、本来はないはずの余計な問題が発生してしまい、浮気調査どころではなくなってしまいますので、くれぐれもご用心を。しっかりと信頼できるところを選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人:ミホ