旦那の浮気や不倫…。考えすぎてなにもできなくなってしまうあなたに

旦那の浮気や不倫…。考えすぎてなにもできなくなってしまうあなたに
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

旦那が浮気や不倫をしているという決定的な証拠がなくても、浮気や不倫のことを考えすぎて不安になり、なにも他のことが手に付かなくなってしまうという人はいると思います。そのまま浮気や不倫のことばかりを考えていると、情緒不安定になったり、果てはうつ病になったりする可能性もあります。
しかしそれは、旦那が浮気や不倫をしていることを認めたくないだけなのかもしれません。浮気や不倫をしているにしろ、していないにしろ、それに決着をつけなければ前には進めませんので、気乗りはしないかもしれませんが、白か黒かの決着をつけることが大事です。

考えすぎても仕方がないことを知る

「以前はいつも決まった時間に帰ってきたのに遅くなることが多くなった…」
「接待ゴルフや地方出張などで家を空ける日が毎週ある…」
「夫のジャケットから嗅いだことがない香水の香りがした…」
「洗濯をしようとしたら洗い物の中から長い髪の毛が出てきた…」
などなど、浮気や不倫をしている確たる証拠はないものの、それらを疑わせるに足るようなことが出てきたとき、心配になり考えすぎて「夜も眠れない」「他のことに手に付かない」「食が細くなる」といった精神状態が続いてしまう人がいます。このような心理はよくわかりますが、あまりにも考えすぎるとあなた自身の精神や身体にも良くありません。
そこで考えすぎないためのポイントを以下に挙げてみます。

◆不安のままのスタートが当たり前
考えすぎてしまう人は最初から最悪なケースを想定しがちです。怖がりの面があり、自分を守りたいという気持ちも強い人だと思います。とはいっても、スタートから未来までずっと安全なことなんてありません。そこで、どんなことでも不安な状態からスタートするしかないものと考えましょう。

◆考える内容を分別して取捨選択する
「自分ではどうにもできないこと」「相手ありきなこと」「やらないと分からないこと」はどんなに考えてみてもどうにもなりません。そこで、考えてもどうにもならないことと、考えてみたいこととを分別。書き出してリスト化してみましょう。そして、考えてもどうにもならないことは二重線で消していけば、心もすっきりするはずです。

◆心配事の96%は起こらない
統計学的にみて、心配事の80%は起こらないことが判明しています。そして、残りの20%についても対策や準備を行っておけば、そのうちの80%は防げることもわかっています。すなわち、心配事が実際に的中して起こる確率は全体の4%しかありません。悩んでみても、起こらないことは起こらないし、起こることは起こる。しかもその発生の確率は4%だと考えれば、悩むのがバカバカしくなってくるのではないでしょうか。

行動することで不安も減っていく

考えすぎを防ぐためには、まだ注意したいポイントがあります。これらを実践していけば行動する時間が増え、行動する時間が増えることで悩みも和らいでいくでしょう。

◆自らの行動とセットで考えてみる
具体的でないことをずっと考えていても、堂々巡りに陥るだけです。具体的な行動とセットにして考えるようなクセをつけてみましょう。自身の気持ちが明確になると思います。

◆誰のためにしているのかを明確にする
常に「誰のためにしているのか」を明確にしておきましょう。例えば、夫が浮気や不倫をしていることが事実であれば、世間体が悪いと考える人がいます。そうではなく、夫が浮気や不倫をしていたら、「自分はどうするのか?」「謝れば許すのか、それとも離婚するのか?」など、自分のためにはどうしたらいいのかを明確にするようにしましょう。

◆「どんなことでも後悔することがある」ことを知る
どんなことでも長く続けていけば、飽きたり、嫌な部分を見たり、失敗したりするもの。結局、どんなことをしても後悔することがあります。それでもいいと思えることを選んでいきましょう。

浮気・不倫に白黒をつけることが心の悩みの解決につながる

あなたの考え方を上記のような考え方に変えていくことで、徐々に不安も薄れていくかもしれません。ただし、考えすぎてしまう原因である「夫の浮気・不倫」に白黒つけなければ根本的な解決にはなりません。
心の不安を払拭して、ぐっすり眠れる日々を迎えるためにも、探偵社に浮気・不倫調査を依頼してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人:ミホ