子供のいる専業主婦が離婚するときに準備したいこと

子供のいる専業主婦が離婚するときに準備したいこと
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

子どもはおらず仕事をしている女性が離婚する場合と、子どもがいる専業主婦が離婚する場合とでは、離婚にむけた準備が大きく変わってきます。いくら慰謝料が入るとはいえ、子どもがいる専業主婦の場合は離婚後の養育環境が気になると思いますし、セレブの離婚でもなければ再就職も考えなければいけません。そこで、子どもがいる専業主婦が離婚する前に準備したいことを紹介したいと思います。

離婚後は住居のための費用が必要

子どもがいる専業主婦が夫の浮気・不倫で離婚を決意したら、実際に離婚する前に用意しておかなければいけないことがあります。それはまず、離婚調停や離婚裁判をするための弁護士費用です。話し合いで離婚がうまくまとまればいいのですが、そうならなかったときのために備ておきましょう。
また離婚をしたら、子どもを連れて別居することになると思います(親権は夫側に行くかもしれませんが、子どもが幼い場合は妻側になることが一般的です)。そのため、親子が生活を始める住居を見つけなければなりません。実家に戻れるなら家賃はかからないのでいいとは思いますが、「実家に迷惑をかけたくない」「親子で住むようなスペースがない」「実家が遠方なので、子どもの生活スタイルを変えてしまうのはいやだ」などといった理由で実家に戻れない人もいると思います。
このような場合は、賃貸物件の契約時の費用や引っ越し代が必要になってきます。これらの費用は、最終的には夫からの慰謝料や養育費で賄えると思いますが、当面は自身で支払う必要がありますので、へそくりを貯めておくなどといった工夫が必要です。

シングルマザーになったら再就職も

子どものいる専業主婦が離婚後に直面することとして、住居に加えて再就職があります。養育費と公的な扶助だけでは、親子で暮らすための生活費には足らないという場合が多いですから、子育ての状況に応じてフルタイム、あるいはパートタイムで働いていく必要があります。
離婚するまで専業主婦でいたという人でも、結婚するまでは、あるいは妊娠するまでは働いていたという人が大半でしょう。そこで、当時の経験や資格などを生かせる仕事が見つかれば一番だと思います。ただ、これといった経験や資格がないという人は、まずはパートで働きながら勉強をして、新たに資格を取得してからフルタイムでできる仕事を探すといった手立てもあります。なお、小さな子どもがいる場合には、再就職と同時に保育園や学童保育を探す必要も生じてきます。
いずれにせよ、離婚後の再就職には強い精神力・忍耐力が必要です。仕事にブランクがあったり、子どもが小さかったりすることで、なかなか採用通知をもらえないかもしれません。それでも卑屈にはならずに、少しでも自分の希望する条件に合致した再就職ができるまでがんばり抜くことが大切です。

子どもに離婚のことを理解してもらうための努力も必要

子どものいる女性が離婚を決めたとき、「夫との離婚をいつ子どもに話すか」ということも気になると思います。もちろん、子どもの年齢によって対応は変わってきますが、いずれにしろ、いつかは話さなければいけないことです。大切な子どもの気持ちを考えると辛いとは思いますが、離婚の準備としては必要不可欠となります。
離婚することで気持ちはスッキリするとは思いますが、子どもに与える影響はとても大きいはず。離婚のことや、妻としてではなく母親としての気持ちなどを子どもにきっちりと説明し、少しでも納得してもらえるよう努力しましょう。

慰謝料を高くもらうためにも探偵社に依頼を

住居探しと仕事探しは、離婚を決めたらできるだけ早く探すことをおすすめします。というのも、離婚してから急いで探しても、なかなか希望する条件に合った物件や仕事が見つからず、希望しない地域や条件の住居に住んだり、向いていない仕事に就いたりして、結局はまたやり直しになる可能性があるからです。
ただ、高額の慰藉料をもらえた場合は別です。お金に余裕があれば、じっくりと物件や仕事を探すことができるからです。その観点から言えば、夫が浮気・不倫をしたという決定的な証拠がないと慰藉料を値切られる可能性もありますし、裁判に持ち込んでも証拠が採用されなければ、慰藉料自体が大幅に減額される可能性もあります。そうならないためにも、探偵社に調査を依頼して浮気・不倫の決定的な証拠を掴んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人:ミホ