浮気調査における「実費」とは?

浮気調査における「実費」とは?
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

探偵社などを利用した人はご存じかもしれませんが、実際に依頼を行うと調査料金とは別に実費がかかります。また広告などでも、「調査料金とは別に実費をいただきます」と明記されていることも多いようです。ではこの「実費」とは何なのか?どのくらいかかるのか?など、「実費」の実態についてご紹介します。

諸経費はすべて実費になるのか?

基本的には、探偵が調査の際に使った雑費を総じて実費と呼んでいます。一般的に実費に含まれるものでは、浮気調査で、車による尾行を行った際のガソリン代や電車賃などの交通費、さらに人探しなどで遠くのエリアまで足を運び、数日にわたって調査を行った場合に発生するホテルの宿泊代などが該当します。
下記がおもな実費の一例です。

・タクシー代、バス代、高速道路料金、特急料金、飛行機代などの交通費
・遠方へ出張した際の宿泊代
・コインパーキングなどの駐車場料金
・映画館や遊園地などの有料施設や尾行・撮影のために入ったラブホテルなどの代金
・聞き込みなどのために利用した飲み屋や風俗店での遊興費
・報告書などを送る際の発送費用 

遊園地や風俗店などの、一見娯楽としての要素に対する料金も実費となってしまうのには多少抵抗があるかもしれませんが、尾行や対象者の顔を特定するための面取り調査を行う時には、どうしても調査員が一般客を装って施設へ入り込まなければならない場合もあるのです。そうした調査に必要となるお金のすべてを「実費」と見なして、依頼者に請求することになります。

実費の相場ってどれくらいなんだろう?

実費に関しては、同じ探偵社でも依頼内容や調査方法によって、まったく違ってくる場合もあります。
あくまでもおおよその目安ですが、例えば調査員2名で1日のみの尾行を行ったとします。その時の調査用車両の走行距離が往復で50km、電車による移動で1名あたり往復1300円がかかりました。この場合の実費はガソリン代1000円+電車賃2600円で、合計3600円となります(ガソリン代の計算方法は探偵社によって変動します)。
なお、金額が1日に3000円程度ならばよいでしょうが、1日の調査ごとに何万円もかかるとなると依頼者も気が気ではないでしょう。
そのような場合、ほとんどの探偵社で実費に上限を設ける制度がありますので、そちらを利用するようにしましょう。「実費の合計が2万円を超えそうなら早めに連絡してください」と頼んでおくだけでOKです。しかし最初の契約時に、こうした話もしてもらえるはずですので、あらかじめ上限を決めておくとトラブルになることもないでしょう。

調査料金以外に支払うのは実費だけでOK?

調査料金と実費以外に「車両代金」や「特殊機材料金」、「写真代」、「報告書作成費用」などの名目で追加料金を請求する探偵社もあります。また、「時間給」制を設けている探偵社もあり、人数×時間で算出した費用が請求されます。この場合は、調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむというわけです。
また探偵社の中には、料金の明細内訳が分かりにくいことをいいことに、実費を水増ししてかなり高い金額を請求してくるようなところもあるようです。調査の内容と比較してみて、実費に不明瞭なところのある金額を提示された際には、それらの内訳や領収書などをちゃんと見せてもらうようにしましょう。

実費がかからない探偵社も存在する

現在、探偵社と呼ばれる企業や事務所は実に多く、インターネットで検索すればかなりの数の探偵社が表示されるはずです。探偵社の中には、実費がかからない「実費込み&追加料金なし」を前面に出しているところや、調査が成功してもしなくても実費不要の「完全成功報酬プラン」を売り文句にしている探偵社なども存在しています。しかし費用の安さをアピールして、先に入金させた後に連絡が取れなくさせてしまうという悪徳業者もいますので、その点は十分な注意が必要です。
探偵社によっては、メールや電話などで調査方法や費用の大まかな概要を聞くこともできますので、夫・妻の浮気や不倫で悩んでいるような場合には、まずは相談をしてみることをおすすめします。

この記事を書いた人:ミホ