内縁関係にある相手が不倫や浮気をしたら慰謝料はもらえるの?

内縁の妻
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

正式には籍を入れていない内縁関係の相手が、もし浮気や不倫をして、それが発覚した場合にも慰謝料などの請求はできるのでしょうか。現在、そうした関係を維持している人にはとても気になるところでしょう。ここでは、そんな疑問に対する回答をわかりやすくご説明します。

内縁関係・事実婚の定義

内縁関係とは双方が婚姻の意思を持って共同生活を行い、社会的には夫婦であると認められてはいながらも、婚姻届を提出していない状態のことをいいます。内縁関係の場合、正式な夫婦としては認められてはいませんが、法律では「婚姻に準ずる関係」として保護されています。そのことから、一方的に内縁関係を解消されたり、相手の言動などが原因で内縁関係を解消したりすることになった場合、正式な夫婦が離婚をする場合と同じように、慰謝料や財産分与を請求することが可能となっています。
しかし、それには内縁関係の成立条件があります。単に同棲を続けているだけでは内縁関係にはならないので、いまの状態が内縁関係と認められるのかどうかを確認することが必要です。
内縁関係として認められるかどうかは、次のような要素を総合的に考慮して判断されます。

  1. お互いに婚姻の意思があるかどうか
  2. 家族や友人など、第三者への婚姻報告があるかどうか
  3. 性的関係があるかどうか
  4. 同居の期間

また、「婚約」は内縁関係との区別が難しく、あくまでも結婚の約束をしているだけの状態で、夫婦生活の実態が不明瞭なため、必ずしも内縁関係に当てはまるとは限りません。

内縁の夫(妻)の義務と権利とは?

もし内縁の夫(妻)と認められれば、通常の夫婦のように義務と権利が発生します。夫婦には同居や協力、扶助義務や貞操義務といったものがあり、それは内縁関係の場合にも当てはまります。そのため、もし一方的に内縁関係を解消して家を出たり、生活費を入れなかったり、配偶者以外の異性と性交渉を行ったりした場合には不貞行為とみなされ、慰謝料を請求することができます。また、内縁の妻(夫)の権利として、内縁関係を解消する際には財産分与も請求することができます。
しかし、内縁の夫(妻)には通常の夫婦と違って相続権はありません。もし相手が死亡した場合、たとえ共同で築いた財産であっても、自分のものにはできないのです。そのため何も手続きをしていないと、相手名義の財産はすべて相続の対象外になってしまいます。その場合は裁判所に申し立てを行い、その財産を築くに当たっての自分の貢献度を認めてもらわなくてはなりません。また、生前贈与や遺言書による、いわゆる「遺贈」も法的には有効となるため、自分たちのケースについてあらかじめ確認しておいたほうがよいでしょう。

重要なのは内縁解消の理由

内縁関係を解消することを、内縁破棄や内縁解消といいます。内縁の夫(妻)は夫婦と同じ義務を持つため、一方的な解消では不法行為とみなされるので、慰謝料請求の対象になります。この場合、離婚原因には以下の5つがあります。

  1. 内縁関係の夫(妻)が浮気・不倫をした
  2. 内縁関係の夫(妻)からDV(暴力行為)を受けた
  3. 内縁関係の夫(妻)の生死が3年以上明らかでない
  4. 内縁関係の夫(妻)が回復不能な精神病にかかってしまった
  5. その他、内縁関係を継続し難い重大な事由

内縁関係の慰謝料の相場はどれくらい?

では慰謝料の相場はどれくらいなのでしょうか。それには内縁関係の期間や内縁破棄の理由、精神的苦痛の度合い、不貞行為の程度、子供の有無、それから年齢や社会的地位、支払う側の資力、内縁破棄後の生活状況などを考慮して算出されますが、おおよその相場で50万円~200万円程度と想定しておくとよいでしょう。
浮気や不倫が原因で内縁破棄になった場合であれば、浮気相手にも慰謝料を請求することができます。正式に入籍はしていなくても慰謝料は請求できるの? また、請求方法はどうすればいいの? など、気になる方は一度信頼のおける探偵社に相談することをおすすめします。

この記事を書いた人:ナツミ