調査依頼で興信所に対するリスクと不安

興信所
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

浮気に気がつき、いよいよこれから本格的に調査を依頼しようと思われているあなた、でも興信所などは利用したことがない。そもそも興信所は信用できるのでしょうか。

例えば興信所が「奥さんに依頼されました。依頼金より多くギャラをくれれば浮気の事実はなかったと報告します」などと夫の方に寝返ったり、あるいは調べた情報をもとに依頼者を脅迫したりするようなリスクはないのでしょうか。ここでは興信所に関しての不安を解消するとともに、そうならないために信頼できる興信所選びをするためのアドバイスを紹介します。

浮気調査を依頼する際のリスクとは?

基本的には興信所の調査が調査対象者にバレてしまうことはあまりありません。そこはやはり浮気調査のプロなので、調査中に身分を知られることもないし、万が一調査対象者に気づかれたとして依頼者を明かすことも絶対にしないはずです。

しかし、調査期間内に浮気の事実を見つけられなかったり、調査対象者の厳戒な警戒によって調査が思うように進まないということもあり、契約した調査日数では、浮気の証拠を集めることができずに追加の調査費用かかってしまうリスクは否定できません。

また、まれには費用を払っても、浮気の事実が見つからなかったということもあります。いわゆる「シロ(無罪)」ということもありますので、配偶者が浮気をしているかもしれないという思い込みだけで不安が募り、興信所に不倫調査の依頼をするのではなく、日頃からある程度は自分でも行動をチェックするようにしておくとよいでしょう。

また、浮気がほぼ確定とわかっていても、調査中に必ず浮気をするという確証はありません。浮気相手との決定的な証拠をつかもうとしても、調査対象者がそうした行動に出なければ、どうにもなりません。こうしたリスクをしっかりと踏まえた上で、それでも調査を必要と判断したのであれば、依頼をするようにしてください。

探偵業法とは?

探偵会社や興信所などは探偵業者に対する義務などが規定されています。それが探偵業法です。下記が主な項目となります。

  • 名義貸しの禁止
  • 書面の交付を受ける義務
  • 重要事項説明書の交付
  • 契約内容に関する書面の交付
  • 探偵業務の実施に関する規制
  • 秘密保持義務
  • 従業員等に対する教育
  • 従業員名簿の備付け
  • 届出を証する書面の掲示

こうした探偵業法によって、もし違反があれば警察に届け出ることもできますし、違反した興信所は業務停止にすることもできます。実際に調査依頼をする際には公安委員会に届け出をして業界団体にも所属している興信所を選ぶようにしましょう。

そうすることで、悪質な興信所を選んでしまうリスクを避けることができます。また、探偵業法に基づき適正な調査をしてくれるはずです。ただし調査であれば何でもやってくれるというわけではありません。法的な制限があります。その点は認識しておくとよいでしょう。

調査依頼者が注意すること

また、警視庁では「探偵業者に調査を依頼する方へ」として、探偵業者へ調査を依頼する際の留意点を明示しています。一部抜粋して明記します。

・調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために利用してはいけない
探偵業者は契約を締結しようとする時は、依頼者から調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければならないと規定されています。(法第7条)
探偵業者は、調査の結果が犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはならないと規定されています。(法第9条)

・重要事項を記した書面や契約に関する書面は必ず受領し、保管しておきましょう
契約前
探偵業者は、依頼者と探偵業務を締結しようとするときは、あらかじめ、当該依頼者に対して書面を交付して説明しなければならないと規定されています。(法第8条第1項)
契約後
探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結したときは、遅滞なく、当該契約の内容を明らかにする書面を当該依頼者に交付しなければならないと規定されています。(法第8条第2項)

・探偵業届出証明書を確認しましょう。
探偵業者は、東京都公安委員会(東京都内に営業所がある場合)が交付した探偵業届出証明書を営業所の見やすい場所に掲示しなければなりません。(法第12条第2項)

調査には100%はない

興信所の浮気調査は年々利用者が急増しているという傾向があります。早期解決を目指すためには、興信所などのプロの力も必要になります。しかし浮気調査には他の調査とは違った難しい問題が発生する場合もあります。仮に信用できる興信所に浮気調査の依頼をして、調査が終了したとしても100%の満足がゆく調査ができるとは限りません。そうしたリスクもあることをあらかじめ認識しておくとよいでしょう。

この記事を書いた人:ナツミ