浮気調査にはどれくらいの時間がかかるのか

いくら?
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

浮気調査は依頼の契約が成立してからある程度の時間が必要になります。いくら興信所の調査能力が高くても浮気をしている捜査対象者の行動次第で調査に時間がかかってしまう場合も少なくありません。ここでは、興信所が調査を行う際の期間や方法、期間、費用の節約に関する話をまとめました。

調査の基本は追跡

基本的に浮気調査は調査対象者を追跡調査すること、分かりやすくいうと尾行が中心となります。おおよその調査期間としてはだいたい2週間〜1か月と思っていいのでしょう。もし浮気をしている場合は、この期間中にかなりの確率で浮気現場の証拠写真など、ある程度の証拠固めができるようです。

ただし、調査対象者が警戒して慎重に行動をしたり、あるいは行動自体をしないようにしていたりする場合は、さらに長期の調査が必要になることもあります。また、その逆にたまたま短い期間で決定的な証拠をつかめることもあるようです。状況や環境によって予想外のことも起こるので、調査期間はあくまでも目安と思っていたほうがよいでしょう。

調査力のある興信所は調査する時間も短い?

大手で有名な興信所だと料金はそれなりにかかりますが、評判を気にするので調査に関しては徹底していたり調査にかける日数も短かったりします。また、規模の大きな会社であれば人員も多いので、調査が早くなることもあります。とはいっても、小さな興信所でも調査力があり、ムダに日数をかけず、調査費用も良心的といった会社もたくさん存在しています。

しかし、いくら調査力があっても短時間で調査が終わるとは限りません。それは前段でも話しましたが、調査対象者の行動次第によるところが多いというのが一番の理由です。

興信所によっては依頼者の要望に応じて、あらかじめ調査期間を決めて調査を行うシステムもあるようなので、依頼をする興信所に事前に確認しておくとよいでしょう。費用も調査日数もできるだけ節約したいと考えているのであれば、そうしたシステムの選択をすることも可能です。また、依頼者の予算や計画に合わせたプランをあらかじめ用意している調査会社もあります。具体的には以下のようなプランになります。

  • 1日のみ単発調査
  • 週末3日パック調査
  • 平日5日パック調査
  • 1週間パック調査
  • 2週間パック調査
  • 曜日指定プラン…など

こうした興信所に依頼するという選択もありますので、検討してみてはいかがでしょう。

依頼者が気をつけること

興信所に浮気調査を依頼した場合、調査が行われている間に依頼者が注意しなくてはならないことがあります。まず、何よりも夫には浮気を疑っているそぶりを見せないことが大切です。

浮気をしている人は周りのちょっとした変化にも敏感になる傾向があります。あなたがいつもと違った行動をしたり、普段は言わないようなことを言ったりすると、夫が警戒心を強めたり、あるいは逆にあなたが浮気をしているんじゃないかと勘ぐられたりすることにもなります。

浮気を疑っているそぶりを見せてしまうと、調査対象者の行動パターンが変わってしまうことにもなりかねます。そうなると興信所の調査にも影響が出てしまい、浮気の証拠をなかなかつかめずに調査期間が長引いてしまったり、場合によっては浮気の証拠を得られなくなったりする可能性も出てきます。そうならないためにも、浮気調査中は通常通りの生活を行うことを心がけるようにしましょう。

また、まれにあるケースですが、興信所に浮気調査をした時点で、確実に夫の不倫の証拠が入手できると考えて、その時点で離婚の計画を始める人もいます。

浮気調査中にもかかわらず、夫の不貞行為を勝手に確信し、慰謝料が入ることを前提に高い買い物をしてしまったが、調査の結果、浮気の事実はなく調査が終了し、結果的に調査費用に加えて買い物の費用を支払わなくてはならなくなったということもあります。

興信所を利用して浮気調査をしたとしても、確実に証拠が得られるわけではありません。浮気の事実がないことだってあるのです。過度に浮気を疑いすぎて、逆に離婚を言い渡されてしまう原因にもなりかねませんので、十分に気をつけてください。

浮気調査をする時間は料金によっても変わる

興信所によって調査費用の料金体系はまちまちで、調査期間によっては追加になったりすることもあります。相談時にはそうした点もしっかりと聞き、納得してから契約を交わし調査を開始してもらうようにしましょう。

浮気調査をする時間はできれば短いほうがよいと思いがちですが、場合によっては調査漏れがあったり、裁判に有効となる証拠を集めそこなったりすることにもなりますので、あまり調査を急かさないことも大事です。

離婚に関わる裁判資料となれば、不貞行為が確実に行われていたことを証明する確固たる証拠が多ければ多いほど勝訴する確率も高まります。信頼と実績のある興信所や、調査力に定評のある興信所に依頼するのが一番でしょう。

この記事を書いた人:ナツミ