離婚をせずに慰謝料請求は可能か?

離婚せずに
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

夫の不倫が発覚して精神的苦痛を受けたとしても、離婚をしない限り慰謝料は請求できないと思っている人も多くいると思います。しかし、そんなことはありません。離婚をしなくても夫やその不倫相手にちゃんと慰謝料請求をすることはできるのです。ここでは、そうした慰謝料請求のノウハウをご紹介します。

離婚をする理由としない理由

夫の浮気によって離婚を決意した人、あるいは離婚はせずに関係を修復する人、それはお互いの話し合いをして、当事者同士で決めることです。「浮気をした夫を絶対に許せない」という女性もいるし「浮気はつらいけど、夫に改心してもらってやり直したい」そう思う女性もいます。そこにはやはりさまざまな理由があります。ではどんな理由からそれぞれの決断を下すのでしょうか。下記に例を挙げてみました。

離婚する理由

  • 他の女性と肉体関係を持った夫を不潔に思うから
  • 精神的に苦痛を感じたから
  • ウソをつかれたり、だまされたことが許せない
  • 自分や家族をないがしろにされたから
  • 不倫でむだなお金を使われたから

離婚をしない理由

  • 小さな子どもがいるから
  • 自分にもどこか非があると思うから
  • 離婚後の生活が経済的に難しいから
  • まだ夫が好きだから
  • 一度だけなら許したいと思うから

これ以外にも離婚する理由やしない理由はありますが、離婚をしなければ慰謝料などはもらうことができないと思われている人は多いようです。

離婚しなくても慰謝料請求はできる

端的にいうと、離婚をしなくても浮気によって精神的苦痛を受けた被害者(あなた)が、夫や不倫相手に対して慰謝料として請求することは可能です。ただ、不倫相手に対しての慰謝料請求するのとは違い、これからも生活を共にする夫に対して慰謝料を請求するような場合は、その先の関係にも影響が出てくるという懸念があります。

実際、浮気が発覚した夫が謝罪の意味で妻に50万円を渡したり、指輪などの宝石をプレゼントしたといったケースもあります。その場合には慰謝料ということではなく、お互いの話し合いによって夫から妻への「お詫び」という名目で現金や物品をあげるということにとどまることが多いようです。その場合は離婚する前提で慰謝料としてもらう金額よりも低いものになることは否めないでしょう。

慰謝料には浮気調査費用や通院費も含める

不倫相手に慰謝料請求を行う際には、あらかじめ公正証書による示談書を作成しますが、具体的な要望や取り決めを詳細に書くことになります。これは後になってトラブルにならないための重要な書類作成になります。この示談書には浮気調査費用や通院費も含めるようにします。

夫の不倫の事実を突き止めるために、もし興信所に浮気調査を依頼したのであれば、その際にかかった費用があるはずです。浮気が事実で慰謝料の請求に至った場合は、当然この費用も含めて請求するようにします。本来であれば発生しなかった負担金であることは間違いないのですから、忘れずに記載しましょう。

不倫による精神的ストレスから病院に通院したりした場合はその時にかかった費用も慰謝料の中に盛り込むようにしてください。不倫が原因の心労やストレスで心療内科などに診てもらった場合には、精神的苦痛を被った証拠にもなりますし、これも浮気という不貞が行われなければ発生しなかったお金です。確実に回収するようにしましょう。

求償権は放棄させるか、行使させるのか

不倫相手に慰謝料請求を行った場合、夫から不倫相手に対してお金が支払われる可能性も考慮しておかなければなりません。もし自分たち(夫)からお金が出て行くことに抵抗があるようであれば、不倫相手が夫に慰謝料の負担を請求できる求償権を放棄させるようにしましょう。逆に夫から間接的に慰謝料を取りたいと思っているのであれば、あえて求償権を行使させることも可能です。それもあなたの意思で決めることが可能です。

重要なのはやっぱり証拠

慰謝料請求を行うには、何よりも不貞行為の証拠が重要なカギになります。あなたが夫を問い詰めて浮気の事実を暴き、夫や不倫相手が不貞行為を認めて慰謝料を支払ってくれるのであれば、別に証拠もいらないし、興信所に頼んで不倫調査をする必要もなく問題はスムーズに解決するでしょう。

しかし、そう上手くいくことはまれで、調停にかけられたり、相手が反論すれば裁判で争うことにもなります。そうなると浮気の証拠はどうしても必要になります。基本的に裁判は証拠主義です。浮気の事実が十分に証明できない場合、慰謝料の請求を棄却されこともあります。また、逆に不倫相手から名誉毀損で慰謝料を請求されてしまうといった可能性もあります。

自分で夫の浮気の証拠を集めて慰謝料を求めることはできますが、肉体関係の確認など、詳細な証拠をつかむのは、現実問題として困難でしょう。そのためにも興信所などに相談や依頼したほうがよいでしょう。調査力のある興信所であれば、裁判で優位になる確かな証拠を確実に集めてくれます。プロの力を借りれば、あなたは裁判で勝つことができますし、慰謝料ももらえるでしょう。

この記事を書いた人:ミホ