支払い能力のない不倫相手に慰謝料請求は可能か?

請求できるのか
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

夫の不倫が発覚し、話し合いの末に不倫相手に慰謝料を請求することになったが、相手の女性には支払い能力がないことがわかった。そんな時はいったいどうすればいいのでしょうか。「場合によってはあきらめるしかない」「いや、浮気の精神的苦痛の代償なのだからできる限りきっちりと払ってもらう」などと、いろいろな考えが頭を思い巡ることでしょう。そんな状況に陥った時に解決の糸口になるような対処法を紹介します。

興信所に頼んで相手の現状をしっかりと調べる

不倫問題で話し合いをしてその結果、通常であれば不倫の代償として、夫とその不倫相手の双方に慰謝料請求をします。しかし、離婚はせずに取りあえず夫を許して夫婦生活をやり直すというような場合は、単にお金の移動だけになるので、夫に慰謝料を請求するといったことはあまりありません。ただ、その際に夫から現金やバッグや洋服といった多少高価な物品を不倫の迷惑料としてもらったというような話は聞くことはあります。

そうなると不倫相手にのみ慰謝料請求を行うことになるでしょう。しかし、相手の女性にほとんど収入がなく、慰謝料を請求しても支払いができそうにない。そんなケースもよくあります。では、そんな場合はどうすればよいのでしょう。一番いいのは探偵会社や興信所に頼んで、まずは相手の生活環境、経済状況をすべて調べてもらうのも1つの方法です。

興信所は不倫や浮気調査を数多くてがけているおり、多くの経験や事例も豊富にあるため、あなたにとっての最適なアドバイスをしてくれるはずです。さらにはあなたに代わって、不倫相手に対し慰謝料を払ってもらうための交渉などもしてくれます。これはあなた個人で行うにはなかなか難しい部分もあります。そうなると、プロにすべて任せた方が安心だといえるでしょう。

してはいけない・できないこと

では、もし不倫相手に支払い能力がないとわかった場合はどうすればいいのでしょうか。

興信所のアドバイスによってもケースバイケースですが、支払いをしてもらうために可能性のあることはすべてしてみるのがいいでしょう。例えば慰謝料の額を下げたり、一括ではなく分割にして支払ってもらうなどです。不倫相手への慰謝料の請求では、以下のような「してはいけないこと」や「できないこと」もあるので、注意が必要です。

・不倫相手と直接やり取りしてはいけない
浮気をされたあなたは、夫にはもちろん浮気相手に対しても怒りの感情を持ち続けることでしょう。そうした気持ちはよくわかりますが、だからといって相手のところに直接出向いて行ったり、電話で話したりするようなことはしてはいけません。

話の途中で怒りや憎しみが込み上げてきて、けんかになってしまったり、挙げ句の果てに不倫相手から「脅迫された」「暴力を振るわれた」などと訴えられ、刑事事件にまで発展してしまう可能性もあります。そうしたトラブルにならないためにも相手と直接やり取りすることは控えましょう。

・不倫相手の両親に慰謝料請求はできない
慰謝料は不倫相手に支払う責任があります。その本人に支払い能力がないからといって、相手の両親などに慰謝料を請求することはできません。この場合親には責任がないので法的にも不可能です。ただし、相手の両親が不倫の事実を知り、自分の娘が迷惑をかけたということで、任意として慰謝料の支払いをしてくれるといったケースはあります。その場合は慰謝料を受け取ることができます。

支払う意思を確認して分割で払ってもらう
慰謝料請求の際には強制執行付きの公正証書を作成するようにします。強制執行は、相手の給料や貯金・財産を差し押さえる制度で、これによりまったく支払いをしてもらえないということは回避できます。しかし、いくら悪いことをした相手だからといえ相手の生活を破たんさせるほどの差し押さえはできません。

強制執行付きの公正証書を作成しても、調停調書があったとしても相手が「支払う意志はあるけど、お金がない」といわれてしまうと話は進行しなくなってしまいます。その場合はかなり少額になるとは思いますが、毎月慰謝料を支払ってもらうようにはできます。そうした交渉なども、やはり興信所に頼めば最善策を提案してくれるので安心できるでしょう。

慰謝料は相手への罰かどうか

慰謝料は夫の浮気によってあなたが受けた精神的損害に対する損害賠償金です。金額ではなく、夫と不倫をした、憎い相手への罰として懲らしめる意味での慰謝料を請求なのか、あるいは不貞の見返りとしてお金が欲しいのかによっても対応策は変わってきます。不倫相手に夫との関係を清算させ、反省させるためにあえて慰謝料を請求するという方法は極めて有効でしょう。どうしてもお金が欲しいということであれば、夫と離婚して夫から慰謝料を払ってもらったり、離婚をしなくても夫から慰謝料をもらったりすることもできます。どちらにしても不倫や浮気は結果的に誰一人ともによい思いをすることはないのです。

この記事を書いた人:ミホ