慰謝料の分割支払いは懲らしめの意味もある

戒め
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

アムス

夫の不倫相手に慰謝料を請求する際、一括で支払ってもらった方が嫌な経験を断ち切る意味でもよいのですが、もし相手に貯金や財産などがない場合は一括で十分な慰謝料を取ることは不可能に近いといってよいでしょう。そんな時は分割にして月額を決めて請求することも可能です。

これには支払いを長く継続させることで不倫による痛い代償、毎月の支払日に自分が犯した罪を思い出させ、相手を懲らしめる意味もあります。ここではそんな慰謝料の分割請求についてのアドバイスをご紹介します。

慰謝料は夫と不倫相手の両方に請求する

慰謝料は夫と不倫相手の両方に慰謝料を請求することをおすすめします。これはどちらか1人に請求するよりも高額の慰謝料をもらえる場合があるからです。

例えば、夫に200万円、不倫相手に100万円の慰謝料を請求し、それが認められれば合計300万円がもらえることになりますが、夫だけに請求した場合だと金額が認められても200万円にしかなりません。

しかし、夫と不倫相手の両方に慰謝料を請求し、認められれば300万円になりますし、なによりもあなたから見れば2人とも悪いのは明白な事実なので、両方からもらうのが筋といもいえます。

毎月の金額はしっかりと決める

不倫相手に請求できる慰謝料の金額は、不倫関係にあった期間、肉体関係の頻度や回数、不倫が原因で夫婦が離婚に至ったかどうかなど不倫をする前の夫婦関係などが考慮されるので一概にはいえませんが、おおよその相場として100万〜200万円程度で決着することが一番多いようです。300万円以上になるケースはあまりないようです。

仮に慰謝料が200万円で月々の額が5万円の分割ということで決まった場合であれば200万円÷5万円=40回。3年と4か月かけて支払ってもらうということになります。

ただしこれはあなたがこの内容で納得した場合のものです。もし相手の女性はまだ若く、収入もかなり少ないといった場合だと月々の額は3万円や、2万円にして欲しいなど相手からの要望もあるかもしれません。月々の支給額はあらかじめ双方で決めてそれを書面にします。

ここでは仮に「支払金額表」として話を進行しますが、これに署名をしてお互いに保管をするようにします。ちょうど、月々のローン返済表のようなイメージを連想してもらえればわかりやすいと思います。

そうした契約書を作成しておかないと相手が支払いを滞らせたり、支払いをせずに踏み倒しをしたりした場合などに契約不履行として訴えることができなくなりますので確実に作っておきましょう。作る際は強制執行付きの公正証書にすることが重要です。強制執行は相手の給料や貯金・財産を差し押さえられる制度なので、一時的に支払いをしてもらえなかったとしても支払い義務が発生しているので、慰謝料をもらえなくなることがなくなるので安心です。

相手の生活状況によっては金額を増やす交渉を

慰謝料の金額と月々の支払額が決定しても、途中で月々の金額を増やす交渉をすることは可能です。これも公正証書の「支払金額表」に明記しておくようにしましょう。

例えば半年に一度、相手の給料明細表を提示してもらったり、ボーナスがある場合はその月は増額してもらうように設定したり、さらに相手の収入が増えて、これまでの月々の金額よりも多く支払える状況が確認できれば交渉を行い月々の支払額を増やしてもらうようにすることもできます。

ただし、こうした交渉は、あなたと不倫相手と1対1でのやり取りをするのは抵抗があるでしょう。そんな時はやはり第三者に間に入ってもらうようにしましょう。探偵会社や興信所に依頼すればそういった話し合いの仲介者にもなってくれますので問い合わせてみるのも1つの方法です。

相手の現状を知って金額を決める

決定した慰謝料の不払いなどがあると、あなたの生活にも大きな支障が出てしまいます。離婚後に仕事をしていて、ある程度の収入があるのであれば一時的には何とかできるかもしれません。もし小さな子どもがいるために仕事もできずに慰謝料だけで生活をしているといった場合であれば、なすすべがなく途方に暮れることにもなりかねません。

そんな状況に陥らないためには、相手の現状を知ることが大切です。定期的に相手の経済力や収入状況などを調査しておけば、場合によっては月々の支払金額を上げてもらえる可能性も出てきます。しかし、自分自身で行うには相手と直接電話やメールでやり取りしたり、場合によっては実際に会ったりしなくてはならないこともあるでしょう。

そうした手間を考えると第三者を立てて任せるのがよいといえます。第三者がいることで話がスムーズに進むばかりではなく、なによりあなた自身が安心できるはずです。そうした役目を引き受けてくれるのは探偵会社や興信所といった不倫や浮気調査の会社です。もし信頼できるところが見つかったら、ぜひ相談してみるとよいでしょう。

この記事を書いた人:ミホ