不倫の代償、慰謝料は確実にもらいしょう

しっかりもらいましょう
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

不倫によって離婚になれば、気分の悪いドロドロした対決が予想されます。できれば協議離婚などで終結させるのがよいのですが、場合によっては大きな裁判沙汰になる可能性だってあります。しかし、どちらにしても慰謝料はしっかりともらわなければいけません。不倫をした夫には後悔とそれなりの制裁を与えなくてはならないのです。

仮に話し合いはうまくいって慰謝料をもらえることになったとしても、実際にきちんと支払ってもらえるのでしょうか。不倫や浮気をするような夫のことを既に信用できなくなっている人であれば不安に思う人もいるでしょう。そうした不安に駆られている人に、法廷で支払い命令を勝ち取るための方法や、慰謝料を支払い続けさせるにはどのような方法があるのか、また、慰謝料を確実にもらうための方法をまとめました。

夫の収支状況を把握しておく

一般的に夫婦間で家計は妻の役目になってる場合が大半です。もし夫の不倫が発覚して慰謝料請求となった場合、どちらが有利になるかというと、それは家計を把握していた人です。なぜならば、毎月の家計をやり繰りしていたということは、不倫をした夫の収支を把握できて、自分に対して慰謝料をどれだけ支払っていけるのかをシミュレーションとして計算できるからです。

お金のないところからはお金は取れません。夫の収支状況を把握しておかなければ慰謝料を請求しても支払い能力がないということになればもらうこともできなくなります。確実に慰謝料をもらうために大事なことは、家計をやり繰りしておき、家庭の収支を把握しておくことなのです。

慰謝料の獲得に向けてしてはいけないこと

慰謝料の獲得に向けてしてはいけないことがあります。それは下記の2点です。相手との話し合いの場ではポイントになりますので覚えておくとよいでしょう。

  • あなたのほうから離婚を持ち出さない
    不倫が発覚した場合、被害を受けたあなたのほうから離婚の話を切り出してしまうと、慰謝料を請求した際に減額される可能性がありますので、話し合いになってもこちらから言い出さないようにしましょう。

もし、夫のほうから離婚の話をしてきたらそれはもうしめたものです。離婚の意思があったとしてもそうしたそぶりは見せずに、不倫の証拠を突きつけて離婚はしないとスタンスで相手に詰め寄りましょう。離婚したい夫は慰謝料の額を上げて離婚を促してくるはずです。

  • こちらが悪いという状況を作ってはいけない
    不倫による慰謝料は夫や不倫相手からすれば、できれば取られないようにしたいという気持ちが働きます。そのため、あなたに対して言い訳や反論をするかもしれません。そんな時、こちらが悪いという状況を作ってしまうと慰謝料が請求できなくなる可能性も考えられます。

そこで、家事や育児などをしっかりとこなしている良妻で、こちらはまったく悪くないということをアピールするようにしましょう。また、夫婦の仲がとてもよかったことを思わせる写真なども用意しておくのもよいでしょう。不倫によって、そうした関係が崩れ去ってしまったといった印象を与え、夫に浮気をされた可哀想な妻を演じることも重要です。

慰謝料の獲得に向けてしておくこと

慰謝料の獲得に向けてしてはいけないことは逆に、しておいたほうがよいことがあります。後で余計な問題を発生させないためにも大事なことです。具体的には以下のようなことです。

  • 公証役場にて公正証書を作成する
    慰謝料をいつどのように支払うかを決めて、公正証書に記載したものを作成します。その際に分割払いの具体的な方法も記述し、遅滞する場合は強制執行をするような内容の書面にしておくのがベストでしょう。強制執行とは、相手の給料や貯金・財産を差し押さえる制度で、これにより慰謝料をまったく支払ってもらえないということは回避できます。
  • 探偵会社や興信所に依頼をする
    不倫調査などは高額な費用がかかるのではないかと思っている人が多いかもしれません。しかし、それなりの費用をかけてでもプロに依頼して不倫のすべてを暴いておくべきでしょう。なぜならば、それは慰謝料をきっちりともらうための証拠になるからです。

慰謝料をもらうためにも証拠はしっかり集めておく

不倫が続いた期間や婚姻期間、その時点での夫婦関係の状態や不倫の度合いなどによって慰謝料の金額は変わってきます。不倫をしていた夫は自分が悪いのを認識しながらも慰謝料を取られまいとあらゆるうそや言い訳をしてくることでしょう。

夫に浮気の事実を認めさせて、慰謝料を確実にきちんと払ってもらう。そのためには裁判に勝たなければなりません。裁判に勝つためには相手に反論の余地がないほどのしっかりとした不倫や浮気の事実を立証する証拠が必要です。

夫の車にGPSをつけて行動を探ったり、後をつけて行って証拠となる現場を写真に撮ればそれが証拠になります。しかし、時間の制限などもあり、なかなかそうした証拠集めもできないのが現状でしょう。その場合はやはり浮気調査などを多く手がけている興信所などに依頼することで解決できるでしょう。

この記事を書いた人:ミホ