裁判所でも通じる「不倫の証拠」とは?

証拠
マジすか(´;ω;`)ブワッ・・・
5000円からできる浮気調査

離婚相談のサイトを少しだけ見る

不倫を巡る夫婦のトラブルは、基本的に夫婦間の話し合いで解決することがもっとも理想的でしょう。しかし「不倫相手にも悪いことをしたということを思い知らせ、謝罪させたい」「慰謝料をとって反省させなくては気が済まない」という場合もあるかもしれません。

また、「これ以上夫婦生活を続けていくことはできない」と覚悟を決め、夫婦間の協議によって離婚に踏み切ったり、家庭裁判所に調停を依頼したり、最悪の場合は離婚訴訟を起こしたりせざるを得ない場合もあるかもしれません。その際に重要になるのが、法廷も認める「不倫の確たる事実」です。

実際に離婚訴訟を起こすわけではないにせよ、弁護士などを間に立てて慰謝料の金額や支払い方法について交渉するような場合は、「もし離婚訴訟を起こしたらどのような裁定が下されるか?」という予測をもとに交渉が進められることになります。

つまり離婚訴訟を起こす・起こさないにかかわらず、弁護士などの法律の専門家が話し合いに入ってくる段階で、「不倫の動かぬ証拠」というものを押さえておく必要があるのです。

法律が考える「不倫の証拠」とは「不貞の事実」

何をもってして「不倫」というのかについては、人それぞれで考え方が違うと思います。

例えば、妻や夫がいるのに、ほかの異性に好意をもった時点で不倫と考える人もあるでしょうし、一度限りの火遊びや出来心といったものは不倫には含まれないと考える人もいるでしょう。しかし、法律がこうした問題を扱うとなると、客観公平で間違いのない「不倫の基準」というものを定める必要があります。

日本の法律の場合、不倫の証拠とは不貞の事実、つまり配偶者以外との性交渉が確かにあったと認められるものだけが認められます。

このため、見知らぬ女性と腕を組み、ラブラブぶりを見せつけるような写真を発見したとしても、これは法廷では不倫の証拠写真とは認められません。「たまたま親しい女友達とふざけていたところを写真に撮られた」と言い訳をされたらそれまでだからです。

同様に、性交渉があったと思われるような表現がみられるメールなども確たる証拠とはいえません。「ただの冗談」だとシラを切ることが可能だからです。とはいえ、これらの証拠は状況証拠としては有力なものなので、軽視せず保管しておくほうがよいでしょう。

証拠とは「動かぬ事実」を証明するもの

もし妻や夫がほかの異性とラブホテルに一緒に入るところを写真に収めたら、これはさすがに「不倫の動かぬ事実」として法廷も認めるのでしょうか。

ところがこれも怪しいのです。一緒にラブホテルに入っても、同じ部屋に入り、性交渉が可能な時間を一緒に過ごしたという証拠も添えなければ完璧ではありません。

もっとも異なる日に同じ相手と何度もラブホテルに入っている写真などがあれば、「性交渉がないのはむしろ不自然である」と考えられるようになるでしょう。また性交渉があったとしても、それがたった1度限りだった場合、法廷で離婚が認められるかどうかは微妙です。

このため、興信所が行う浮気調査では「特定の相手と、何度も性交渉を行っていると判断できる確かな証拠」を集めようとします。こうした証拠が多ければ多いほど、決定的なものであればあるほど、示談交渉や家庭裁判所で行われる調停もこちらに有利に進めることができるでしょう。

何が証拠とみなされるかは判断が困難

配偶者の不倫を疑い、自分で不倫調査を行う人もいるようですが、せっかく「確実な証拠を押さえた!」と思っても、示談や訴訟では使い物にならないといったケースがよくみられます。

例えば、独身の女性の家に配偶者が出入りしていたとしましょう。2人きりで長時間、一緒の時間を過ごしていたことも確認しています。そして、配偶者がその家に出入りする様子をカメラで撮影したとしましょう。

普通の人であれば、もうこの時点で「不倫の確実な証拠」だと疑わないでしょう。しかし残念ながら、法律上ではそうは認められない可能性が高いのです。

例えば「確かに自宅を訪問したが、それは共通する趣味の話をして、お茶を飲んでいただけ」だと言い張られたらどうでしょうか。「相手の人が珍しい骨董品や芸術品を持っていて、それを鑑賞させていただいていた」などというもっともらしい嘘をつかれたら、いくら怪しいと思っても「嘘をついている」と決めつけることは困難かもしれません。相手がどんな言い訳をしても通用しない、そういう確たる証拠をつかむことは素人には非常に難しいのです。

プロの探偵が集める証拠とは

信頼できる興信所に所属しているプロの探偵は、「どのような証拠が法廷で採用されるか?」といった事例をみっちりと研修で学んでいます。また多くの調査を担当し、自分の集めた証拠がどれくらい確たる証拠として通用したかというケーススタディも積んでいます。

例えば、夫と不倫相手がラブホテルに出入りする現場を写真に収めるのであれば、ホテルに入った時間と出た時間も経過時間を示すための証拠として残します。一度限りでなく何度もラブホテルに通う証拠写真があれば、いくらシラを切ろうと思っても無理でしょう。

浮気調査を思い立ったらプロの探偵に依頼するのが一番です。それは確実に法廷で通用する証拠を固め、慰謝料などの示談交渉や離婚訴訟に備えるために探偵がおおいに役立ってくれるからなのです。

この記事を書いた人:カオリ