探偵・興信所とは

興信所

配偶者の浮気・不貞を見つけてしまったときのゴールは、①関係の修復か ②関係の清算(=離婚)かのどちらかです。
探偵(興信所)は、「もしかしたら不倫・浮気をしているんじゃないか」という夫への疑いを確認する手段であるに留まらず、「この人とはもうやっていける自信がない。離婚したい」と思ったときの自衛手段でもあるのです。

「離婚」とは、戸籍上の手続きだけで終わるものでは決してありません。離婚はゴールではなく、新たな生活の始まりに過ぎません。離婚後の生活費・住居・仕事など、「夫とその収入をあてにせず、自分一人(あるいはお子さんと二人)だけで生きていく必要」に迫られます。これは切実な悩みとなります。

先々のことを考えると、離婚に際しては「その後の生活」を少しでも安定したものにするための努力を惜しむことはできません。一番確かなこものは、「離婚に際してある程度まとまった額の現金」を受け取っておくことです。

※慰謝料の一般的な相場は、およそ100万円から300万円程度とされています。夫の浮気が直接の原因の場合には、500万円程度まで認められることも中にはあるようです。

「財産分与」の相場はいくら?

夫婦の資産がある場合には財産分与にも期待が持てますが、
「離婚した夫婦の半数以上で、分与額は総額400万円未満ほどにしかならない」というデータもあります。
財産がある場合でも一時しのぎほどにしかならないことも多いので、慰謝料をきっちりと請求しておくことはやはり重要です。

「養育費」の相場は?

子どもがいる場合には夫が養育費を出すこともありますが、これにあまり大きな期待を持つことはできません。養育費の相場は月4万円程度といわれており、また夫側の資力によるので不安定さが常につきまといます。「養育費があるからきっと大丈夫」とは全くいえないものだと思っておいた方が無難です。

なぜ探偵・興信所が必要なのか?「浮気の証拠」とは?

このような「離婚に際するお金の問題」を真剣に考えると、世間で「探偵」がなくならない理由のひとつが見えてきます。
それは「離婚に際してはお金を夫側にもらっておかないといけないのに、裁判等でその請求を認めてもらうためには浮気の直接の証拠が必要とされるから」です。

浮気の証拠というのは、「性的な関係を伴う浮気があったことを客観的に示すもの」でなければなりません。
どのようなものがその証拠としては認められるかといえば、

①浮気、不貞の現場を押さえた写真や映像
②夫が浮気を認める言葉を押さえた録音データ
③性的な関係があったことを認める夫自筆の手紙やメモ、日記など
④(シティホテルなどではない)ホテルに入ったことを明確に示すGPSの記録

などが代表的なものです。
夫が自ら認める②や③があれば別ですが、それ以外のものだと自分でそれを押さえることは難しいのではないでしょうか。
このような「夫の浮気の証拠」を押さえることが、探偵の主な仕事のひとつです。

この記事を書いた人:ナツミ